工務店に依頼するメリットデメリット1

注文住宅を供給する工務店は、大手ハウスメーカーの様に得意とする建築工法があるので建築工法に関しては制限がありますが、大手ハウスメーカーの様に企画商品では無いのでモジュールにこだわる事無く建築用地に合わせてプランニング出来る事や直接施工で建築されるので中間マージンがカットされ建築コストが削減出来るのが最大のメリットと言えます。 又、設計後の変更にも応じてもらえる可能性が高い上に、竣工後のアフターメンテナンスの心配が無い事や住宅の全てを把握しているのでリフォームの際にも安心出来ます。工務店は、大手ハウスメーカーに比べてデザインなどの設計力や躯体の強度、長期保証など企業としての総合力で劣っているのが最大のデメリットと言えます。又、工務店の場合は衛生機器や給湯設備、建設資材などメーカーによって仕入原価率が異なるので、選んだ設備や建築資材によっては大きく見積もりが異なる事があります。工務店は、結構自由な様で選択肢が限られてしまう事もある事を知っておく必要があります。

SNSでもご購読できます。